ゆびづめステッカー

長方形タイプ4(2018年〜)インバウンド対応・扉広告廃止に伴い、全線で使用開始。広告部分に「鉄道は地球に優しい乗り物です」のPRを入れることで、広告を廃止しつつも違和感のないデザインとした。


横長タイプ(2013年〜)名神支社・京阪支社・阪奈支社・阪和支社・神姫支社(二見検車場所属車のみ)・神有支社で使用。

簡易タイプ(2007〜) 京津支社で採用。2013年からは神姫支社(姫路車庫所属車)にも採用。

長方形タイプ3(1999年〜)阪神支社(西宮工場・甲子園車庫所属車)で現在も継続使用。2013年までは全線で使用していた。

長方形タイプ2(1987〜1999) 公社線全線で使用していた。

長方形タイプ1(1981年〜1987年) 公社線全線で使用していた。

楕円タイプ(1971年〜1981年) 公社線の大半の車両に使用されていた。

円形タイプ(1962年〜1981年) 公社線全線で使用されていた。1971年から楕円タイプへの貼り替えが進められたが、一部の非冷房車には1981年まで残存していた。