概要

京阪神電気鉄道は元々阪神電気鉄道や京阪神高速度鉄道が計画していた大阪〜神戸の急行線の計画を引き継ぎ、1931年に梅田〜三宮を開業したのが始まりです。その後も阪神電気鉄道・阪神急行電鉄・能勢電鉄・大阪宝塚鉄道・名阪電力鉄道・東大阪電気鉄道の計画を引き継ぎ、次々と路線を開業していきました。
現在、梅田〜湊川の神戸線、梅田〜宝塚の宝塚線、梅田〜四条畷の四条畷線、桜ノ宮〜京都の京都線の4路線を軸に大阪から神戸・宝塚・京都・奈良へと結んでおります。

CIロゴ
2000年に制定。英語表記の「Keihanshin Railway Transit」の単語の頭文字をとって新たな愛称を「KRT」としました。

社章
会社発足時に制定。電気を表す稲妻に阪神地区・阪宝地区・京阪地区・阪奈地区の4つの地域に走っていくことを表している。