1500系

●概要
1961年に導入された車両。1981年まで製造され、京都線・神戸線急行・和歌山線・姫路線などに投入された。セミステンレス車体である為、老朽化が進み廃車が進んでいる。現在和歌山線・空港線・宇治線・奈良線・神戸線急行・姫路線・大津線で運行している。
●諸元
形式 1500(Mc)、1550(M)、
       1600(Tc)、1650(T)
編成 3・4・6両編成
製造 1961年〜1984年
営業最高速度 90km/h
設計最高速度 90km/h
起動加速度 2.0km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
          5.0km/h/s(非常)
最大寸法 長さ 18880mm
             幅 2800mm
             高さ 4067mm
車体材質 セミステンレス
主電動機 直流直巻電動機
             TDK-806/5-E
出力 110kW×4基/両
駆動装置 中空軸平行カルダン
制御装置 抵抗制御
台車 コイルばね台車
制動装置 電磁直通ブレーキ
保安装置 阪神・山陽・阪急型ATS
●配置区所
住之江検車場
甲子園車庫
四宮検車場
寝屋川検車場
花園検車場
●運用範囲 
神戸線(難波ー神戸)
姫路線(神戸ー姫路)
大津線(京都ー大津)
和歌山線(難波ー和歌山)
空港線(泉佐野ー関西空港)
宇治線(瀬田ー梅田)
鴨川線(修学院ー三室戸)
奈良線(奈良ー日本橋)
環状線(日本橋ー日本橋)

1961年、1000系の増備車として製造された。
名神本線山科ー京都開業後は1000系の投入を進めていた。しかし、今後更なる延伸用、そして優等列車の設定などに車両を大幅に増備する必要があった。そこで、更なる増備をすることにしたが、この時1000系ではなく更に近代化・保守の軽減をすることになった新形式を投入することにした。これが1500系である。
車体は19m級3扉と1000系と同一とし、材質も1000系と同じセミステンレスとした。ステンレスの外板を採用することで塗装をする必要が無くなり、メンテナンスの軽減につながる為である。前面は1000系の後期型と同じ貫通扉付とした。側面は大幅に変わり、戸袋窓無しの両開き扉となった。更に、戸袋部にもコルゲートが入り、強度の向上を図った。車内は基本的には1000系ベースとしたが、戸袋窓が無くなったことで戸袋部に広告枠が設置された。下回りは1000系ベースとしつつも、駆動装置をこれまでの直角カルダンから中空軸平行カルダンに変更し、保守の軽減を図った。
1961年から投入が開始された。まず名神本線に4両編成を10本投入した。このグループは1次車にあたるグループで、主電動機が1000系と同じTDK-806-A1を装備している。
1964年のグループから主電動機がTDK806/5-Eに変更され、出力がUPした。1964年から1965年にかけては4両編成5本が製造された。
1966年からは西宮車庫への投入が始まった。これは、名神本線で急行運転を開始する為の増備であり、850系や860系、880系の一部が200系に改造される為にその捻出分として製造されたもの。
1967年からは、池田線への投入が始まった。池田線は池田ー梅田ー天神橋、そこから一周して梅田に行く路線だが、将来日本橋から奈良方面に延伸する計画を立てていた為、抑速ブレーキを装備した。これらのグループは4両編成8本が投入された。少数に留まったのは、3000系を増備していたこと、廃止となる南北線で運用していた750系や770系、780系が昇圧対応の上で名神本線に投入されたこと、それにより1000系や1030系が捻出され、池田線に転用されたことなどによるものである。
1968年からは再び名神本線への投入が再開された。これは、名神本線の西宮ー神戸開業が迫り、急行用の車両も増備する必要があった為である。4両編成19本が投入された。
1970年からは4両編成6本が投入された。これは、名神本線や池田線の延伸開業によるものだが、大半は2000系や3000系、5000系、600V線区用の車両の昇圧対応などで補った為、またしても当系列は少数の増備となった。
1971年から1974年にかけて4両編成26本が名神本線に投入された。これは、名神本線の神戸ー明石延伸及び阪奈線京橋ー奈良開業によるものである。この増備の際、車番が全て埋まってしまった為、第50編成から付番ルールを変更した。これは、例えば1500形の50両目はこれまでの付番ルールだと1550となってしまうが、1550は1550形に使用している。そこで、50〜99を飛ばし、15100と付番することで重複を回避した。1550形の50両目は15150、1600形の50両目は16100、1650形の50両目は16150となる。
1975年から1976年にかけて池田線宝塚ー西宮山口延伸に伴い、4両編成12本が投入された。
1976年から1981年にかけて天王寺線に4両編成36本、池田線に4両編成44本、京滋線に4両編成38本がが製造された。これらのグループはいわゆる後期型と呼ばれるグループであり、側扉のステンレス化、方向幕設置が行われた。このグループの投入により、1500系の投入は終了した。
1982年からは冷房改造が施工された。冷房装置は集約分散式を採用し、6000系などと同一のものとなっている。この改造は1989年に完了した。
1988年からは延命工事が施工された。改造内容は側扉のステンレス化、方向幕設置、スカート取り付け、化粧板交換などである。この工事は初期車から順に行われ、2001年には全車完了した。
1990年に入ると、各線で6両編成化が行われることになった。これにより、1500系はこれまでの4両固定編成から3両+3両の6両編成を組むことになり、付随車の1650形を脱車した。脱車した1650形は電装改造・先頭車化を行い、6両編成を組み大阪線に転属した。尚、この車両は制御装置を界磁添加励磁制御に改造した為、新形式の1400系となった。
2000年、京阪神都市整備公社は関西都市高速鉄道に移管となり、在籍していた1500系は全車移行された。
2002年頃から座席モケットを従来の茶系から青系に変更した。
2006年から京都線に9000系が投入し始めると、性能の低い1500系は優先的に置き換えが進められ、同年中には京都線から撤退した。
2008年から10000系による置き換えが始まり、1500系の大量廃車が始まった。最初は10000系を京都線に投入し、京都線の9000系を各線に転属という図式だったが、京都線への10000系の投入が完了すると、10000系を直接投入し、1500系を置き換えていくようになった。これにより、初期車の大半が廃車され、和歌山線・奈良線・宇治線は後期車に統一され、宝塚線からは1500系が撤退した。又、廃車にならなかった車両のうち一部は新塗装導入に伴い、1500系に対しても塗装変更を行っている。又、塗装変更を行なった車両に対しては同時に二次更新を実施。クーラーキセのステンレス化、化粧板変更、座席のバケットシート化などを実施している。
2018年より、奈良線の1500系の地原急行乗り入れ対応工事が施工された。これは、地原急行が分割・併結で最短4両から最大10両を組む為で、これに合わせて1500系をこれまでの1500(Mc)+1550(M')+1600(Tc)+1500(Mc)+1550(M')+1600(Tc)という編成から、1500(Mc)+1550(M')+1600(Tc)+1600(Tc)といえ編成に組成を変更した。又、電気連結器を採用しており、地原急行線の列車無線アンテナ・保安装置を搭載した。これらの編成は、塗装を緑系に変更している。
2018年5月、神戸線スピードアップにより神戸線から1500系が撤退した。
2018年現在、寝屋川検車場に3両+3両の6両編成が19本、花園検車場に3両+3両の6両編成が22本、住之江検車場に3両+3両の6両編成が18本、姫路検車場に4両固定編成が13本在籍している。